時雨

日記

9ミリ幅のPPバンド

最近アマゾンで PPバンドをたくさん売っています。

そこで見つけた、9ミリ幅のPPバンドで バッグを編んでみました。

厚め、やや硬く 光沢があります。

プラスチックらしさ全開って感じですが、かなり、いい感じになりました。

プラスチックはプラスチックであり、ほかの何物でもないわけですから、

f:id:ajisainoha:20140730054056j:plain

持ち手は、いつもと同じ作りですが、9ミリ幅なので細くて夏らしい?と自己満足。

f:id:ajisainoha:20140730054323j:plain

縁の仕上げは9ミリ幅ですいすい編めると思ったのですが、やはり縁がこすれて糸くず続出なので、1~2ミリ切り落とし 細くして使うことにしました。

f:id:ajisainoha:20140730054415j:plain

こんな感じで 出来上がり。

f:id:ajisainoha:20140730132253j:plain

私的には、PPバンドは 網代編みが一編みやすいようです。

↓先月に作ったものですが、1.5ミリ幅の群青色のテープを2分の一幅にカットしたものを使いました。

f:id:ajisainoha:20140730060855j:plain

9ミリ幅のテープに比べると、光沢がやや抑えられた感じに見え、紙っぽいとさえ感じられます。

テープの質感は影響が大きいように思えます。

それらしくもない廃素材などを使って いかにそれらしいものを 作り上げるかっていうのが エコの心髄?

日本風のPPバンド手芸の精神って所ですかね?そんなものが育っているのかどうか知りませんが💦

存在意義そのものが、アジアンスタイルとはちょっと違うような気がします。

 

f:id:ajisainoha:20140730054503j:plain

中国や ベトナム、タイなどでは昭和までの日本の竹細工のような感じで 盛んに作られていると、聞きました。

日本では単なる手芸ですが、あちらではビジネスとして成り立っているようで、そのためか さまざまなプラスチックテープが作られているとか。

本当に行くことは ありませんが、行ってみたいと あこがれるほどに活気が感じられ 素晴らしいです。・・あ・テレビとか YouTubeで見ました(笑)

↓こちらは ややエコっぽいです。

https://www.youtube.com/watch?v=vT3CL6Ovn1I