時雨

日記

パイルリブニッター SRP561vsアンドレ?

以前、ブラザーKH891とアンドレのセットを大奮発で買いました。(ヤフオク中古)なんていうか、KH891はすごく編みやすくて大好きになったのですが、アンドレって あまりやる気を掻き立ててくれない機械だった(´・ω・`)

スピードがたまらなく遅い上、見てるだけ・・・これが結構辛いんだな~。しかも、ちょっと目を離したすきに 糸の塊に引っかかり 入手困難な貴重な針が曲がっちゃうというお粗末。でも、ガーター編みができるので、貴重なんだよね、これが。

名前も西欧風でカッコイイ?と思ったのですが 本当は「勝手に編んどれ」という乗りのネーミングだとか?笑わずにいられません。オスカル様とは何の関係もなかったんですね。今日もカッコイイ名前で人を惑わしオークション人気を誇ってることでしょうね。魔性の編み機なの?(;^ω^) 

そんなわけで元々ゴム機目的安価を狙って買ったSK561。立派に役立ってくれています。

せっかくなので、パンチリブ編みと引き上げリブ模様も編んでみました。

上の二つは同じ模様カード 右が引き上げリブ模様 左と下がパンチリブ編み。

 

f:id:ajisainoha:20151011104213j:plain

引き上げリブ模様

f:id:ajisainoha:20151011104233j:plain同じ編み方で総ゴム編みと二目ゴム編み風の違いです。

総ゴム編みにプラス引き上げ編みなので、合細で編んだところ ちょっと分厚くて 薄手の段ボール並みの厚みになった。でも、どちらもポコポコ丸い穴がかわいいです。

実は先日もこの編み方に挑戦してみたのですが、見事に失敗しました。

原因は糸にあると思い、今回は糸を変えてチャレンジ。成功でした。

他の編み機でも、毛足のある糸や撚りの甘い糸は本機側に引っかかりやすいようですね。前回あれほど苦労して駄目だったのに、糸を変えたらあっさり成功です。

二目ゴムのほうはセーターなどによさそう、総ゴムのほうは、カッチリとした感じなので上に羽織るものを編むとよさそうです。細い糸で編めば 体形カバーに役立ちそう。

カーディガンを編みたいな。