時雨

日記

f:id:ajisainoha:20160222190448j:plain

猫の繁殖力はすごいみたいですね。

我が家では早めの手術で 出産は一度もありませんが、安易に野良猫に餌付けして ご近所に迷惑をかけてしまった例を見ています。

餌を無限に与えられた場合、恐ろしいことになります。

つい最近も二十数匹の猫が山中に遺棄されていたと言う ニュースを見ました。

一塊に身を寄せ合っている写真を見て 胸が痛みました。

 

猫は一度に5~6匹も生むみたいですね。しかも、メスの比率が多いようです。

最初の春、一匹の雌猫が生んだ、5匹のうち4匹がメスだったりした場合、翌年は5匹のメスから5×5=25匹の仔が生まれる計算です。(あくまでも餌が豊富だった場合ですが、)半年ほどで大人サイズに近くなりますから 瞬く間に問題勃発です。

 

しかも、この時点で、町内会や保健所などの介入がなかった場合、あれよあれよという間に100匹のねこちゃん騒動に発展していくのは 目に見えるよう。

ユメユメ野良猫にかかわってはいけません。

 

ところが、飼いネコでも同じです。

犬のように 外に出さなければよいかというと そうでもなく、っていうか無理!

発情期の雌猫を 家に閉じ込めた場合 自分の存在をオスに知らせるためらしいのですが、 恐ろしい声で絶叫を繰り返します。猫によって違いがあるようですが、とっても凄まじい騒ぎを起こしてくれます。

犬の出産シーズンは年1回ですが、猫の場合最大4回、しかも、妊娠しなかった場合、2週間ほどで 再準備OKとなり、妊娠するまで繰り返すそうで、強烈な繁殖力で、もう理解不能なくらいです。

出産しても外敵や病気などで 子を失うと すぐにまた発情するようです。

 

一年目出産した場合、里親を何とか探せるかもしれません。

2度目3度目となれば なかなか貰い手が見つからず、2匹のメスが手元に残れば、翌年は20匹に増えるかも?(゚Д゚;) 

もはや避妊手術はお金がかかりすぎて無理だったりした場合(メスは1匹25,000円程度オスは20,000円程度)。そうすれば わずか3~4年で100匹達成可能 

避妊手術は残酷だ などという人が 近所にもいますが、彼女は決して猫には触れないようにしています。それが一番の正解ですが、できない人もいるんですよね~。