時雨

日記

黒染め強要

息子は髪が日焼けしやすく、5センチ程度の短髪にしていると目立ちにくいが、ちょっとフワッとさせたがるようになり 少し伸ばすと、夏になるにつれ 部活のせいで、激しく茶髪になりました。

早速、頭髪検査の時「お前も染めているな!!」と、怒鳴られていた所に、部活の先生が 助けに来てくれたそうで、「これは日焼けだ、私が保証する。」と言ってくださったそうで、その後は問題なく高校生活を満喫しました。

 

息子の地毛は濃い色なので、最初は心配していました。問題の女の子立場が分かる気がします。

一度焼けた髪の色は 切ってしまわない限り、そのまま残ります。

彼女の場合も、ロングヘアーにしていると ホントの所 地毛の色は 本人が思っているより濃いのかもしれないですね。

しかも、染めた後はどんどん脱色するので、地毛は余計に黒く見えるのではないだろうか?。

こうなると一度、ベリーショートにする以外悪循環から脱出の方法は見つからないのかも。

 

息子が 幼いころはいつも髪を長めにしていたため、いつも赤毛で、こういう髪色なのだと思っていましたが、

小学校時代は行き付けの床屋さんにとても短いヘアスタイルにされていたので、

髪が黒くなったと思い込んでいました。

中学のころは、毎日の部活に加え、やや長めのヘアが普通なので夏場は赤毛(日焼け)が復活していました。

高校は片道20~30分の自転車通学と部活で 肌も真っ黒に焼け 金髪に染めたサーファーのような外見になりました。

しかし、運よく部活の顧問の先生が、生活指導も兼ねていたため、最初からよくよく観察されていた模様で、息子は運がよかったのでしょう。

 

大阪の少女が気の毒でなりません。

 

 

 

広告を非表示にする