時雨

日記

髪の色

 

最近、日本人の髪はみんな黒いとか暴言を吐く高校教師が居るとかいないとか 何やら姦しいですが、本当にそう思ってるんでしょうかね?色覚がおかしいんじゃないかと思ってしまう。

私が子供のころは髪を染める流行が無かったので高校でもそういう問題はなかったが、くせ毛の人は 一応説明が必要だったみたいです。

髪の色は目の色に準じる・・っていうと猫の毛色と目の色の関係を思い出しますが、人間にも結構あてはまるみたいです。

クラスメートや下級生に、上級生にも、あるいは息子のクラスメイトの中にも、強いくせ毛の子は、たまに居ました。そういう人たちは、ほとんどが赤毛で 肌は色白で、目の色も薄く、性格は明るく、愛嬌のあるかわいい子が多かった。

白人などは見たことも無い地方なので、ハーフもクオーターもいません。

だから、『日本人の髪は皆黒い』なんて思ったことも 想像したこともありません。

直毛の人でもひときわ目立つような 茶髪の人もたまには居ました。

やはり、大概、色白で美人だった。

私の髪は、直毛の栗色だったけど、濃いめの栗色で、色白でも美人でもなかった。

友達に言わせると「10人並み」だそうですが、10人並みって何?((笑))

標準並みってことかな?と良い方にとっておきました(笑)

と、言うわけで 自分が美人でないことは知っていたので、赤毛の美人さんたちに 多少の妬ましさを感じた事はありました(^^;

平和な時代だったんでしょうね。妬ましさと言っても、ほとんど憧れみたいな感情で、

いじめなどは全くなかった。

今の子供たちは 本当にいろいろ大変なことが 多いように思います。